2012年05月18日

ヌメ革日光浴の手順「Simply 1」編

今回は、ヌメ革の日光浴を、先日発売いたしました「Simply 1[Online Special]」
実践してみましたので、経過をまとめてみました。
これからヌメ革デビューをする方は参考にしてみてくださいね。

BREEのヌメ革は革表面に加工などが施されていない素仕上げの革。
自然のままの状態ですので、革の一つ一つが全て違っています。
日焼けの色づきや革の状態などは、それぞれ個体差があります。
そんな個体差も一つの魅力と思って楽しんでください。

それでは、日光浴スタート!

simply1.jpg

2012.3.19から日光浴スタート。
袋から取り出したばかりのヌメ革は少しピンクがかった薄い色をしています。
まだ春先の安定しない天候にドキドキしながら日光浴をスタート。
日当たりのよい窓辺に置いてしっかり日の光を浴びさせます。

simply2.jpg

日光浴開始12日目。
毎日見ているとあまり色がかわっていない感じもしましたが
日焼け前のものと比べるとしっかり色が変わっています。
日光浴は、毎日ちょくちょく面を変えるのではなく、一面ずつ日焼けさせていきます。
日光の強さにもよりますが、だいたい一面1〜2週間程度。
表が色づいてきたら裏、サイド、底面と順番に日光浴させていきます。
「Simply」はバッグ本体以外にパーツはないのですが、ストラップなどの
パーツがあるバッグなどはパーツも一つずつ日光浴させてください。

曇りや雨の天候にハラハラしつつ、ようやく1カ月後。

simply3.jpg

全体的に同じぐらいの色まで焼けてきました。
ここで注意していただきたいのは、日光浴をやりすぎないように、ということ。
革によってはあまり色づきがよくないものもあります。
色が濃くならないからといって何カ月も日光浴を続けてしまいますと
革の中にある水分やオイル分が全てなくなってしまって革そのものが死んでしまいます。
こうなるとお手入れなどでも復活させることができませんので、ご注意を。
目安としては冬の日光が弱い時期で2カ月程度。
夏の強い日差しの中なら1カ月弱程度。あくまでも目安です。

simply4.jpg

日光浴をしていくと、革の中にあった模様や傷などが浮かび上がってくることがあります。
これも生き物の革をそのまま使っている証拠。
神経質にならずに、自分だけの個性だと思って楽しんでください。

さて、全体的に均等に色づいたら、いよいよ使う前のお手入れです。

simply5.jpg

まずは、ぬるま湯をゆるくしぼった布で、全体を湯拭きします。

simply6.jpg

縫い目や取っ手部分なども拭き残しがないように、水分を含ませていきます。
水分を含ませると革の色が写真のように変わります。
全体に水分を含ませたら、次は陰干し。

simply7.jpg

バッグの形を整えて、光のあたらないところで一晩陰干しをして
しっかり乾かしてください。
ここまできたら、あと一息です。

革が完全に乾いたら、最後にオイル分を含ませて革のお手入れをします。
市販のものでも大丈夫ですが、BREEヌメ革のために作られた「Leather Preserver」を
おすすめいたします。

simply8.jpg

柔らかい布にプレサーバーをつけて革に塗り付けていきます。
オイルを塗りこんでいくと、革に艶がでてくるのがわかると思います。
バッグ全体に丁寧に塗りこんでください。

simply9.jpg

最後に乾いた布で全体を乾拭きしてください。
革専用のブラシでブラッシングしてあげると、さらに艶やかになっていきますので、お試しを。
このオイルを塗る作業は、革に栄養分を与えるだけではなく、汚れや水濡れなどから
保護する役割もありますので、使い始める前にはぜひ行ってください。
水濡れ心配な方は、プレサーバーを塗ったあとに、全体的に薄く防水スプレーを
拭きつけてあげてもOKです。

さぁ、使い始める前の準備は終わりました。

simply10.jpg

どうでしょう。
なかなかいい色になったと思いませんか?(自画自賛)
プレサーバーを塗ったことで、革も少ししなやかになりました。

最初の状態と比べてみるとこんな↓↓

simply11.jpg

これで、いよいよデビューです!
この使い始めるまでの日光浴を体験することで、さらにバッグに対する愛着が深まっていきます。

さて、ヌメ革製品は日光浴をさせたら終わりではありません。
むしろ、ここからがスタート。
あとは、日々を一緒に過ごしていくことによって、どんどん色艶が深まり
自分だけの表情へと変わっていきますので、そんな経過を楽しみながら育てていってください。
ヌメ革の最高のお手入れは、毎日使ってあげることです。
そして、時々プレサーバーでお手入れをしてあげてください。

ここで紹介した方法は一般的なやり方です。
人によって様々な方法があると思いますので、ぜひ皆さんも色々試してみてください。
そして、お使いのヌメ革の様子などを皆さんに披露してみませんか。
BREEオンラインショップでは、皆さんが気軽に画像をUPできる
ヌメ革写真館」のコーナーを作っています。
ヌメ革ファン同士の交流もできるコーナーですので、ぜひご参加くださいね。


posted by LOVE BREE at 11:30| ヌメ革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。